m030508
新聞読み方講座に参加した方に、簡単なアンケートを取っています。そのアンケートの内容から、興味深かったものを引用してご紹介してみます。

アンケートでは、

「新聞を読み、どうなりたいか?」

という設問があります。

これの答えをいくつか紹介してみますね。

「世界の動きと、お金の動きをわかりたく、それを人に伝えること。流れがわかって、わかりやすく伝えられたらいいなと思います。新聞をわかりやすく読めるようになりたいです。」

60歳以降を強みを活かして生きていく指針を持ちたい。もっと内容を理解できるようになって話題を抱負にしたい」

お父さんの情報の読み方ってユニークで面白いね」と言ってもらえる程度の独自の視点を持っておきたい」

「正確で早い情報を知りたい。そこからデータを作れれば、これからを見通せる。今年は特に選挙が大切なので、正しい情報から自分の意見を発信したい」

「地球、世界の動きを予測できる人になりたい。今どうなっているのか、気になることを知りたい」

人それぞれ、思い描いているなりたい像がありますね。

新聞を読むときに、自分がどうなりたいのかということを理解することはとても大切ではないかと思います。漠然とよんでいてもモチベーションが持続しませんからね。

ちなみにわたしはどう思っているのか。

「新聞を読むのが大好きな人たちとつながりたい。日本にかけている教育を補完できるような新聞の読み方を楽しく広めていきたい。そうやって楽しんで新聞を読む人を年令に関係なく一人でも増やしたい。そうすれば日本は良くなる。少なくとも個人として社会でサバイバルできるようになれる」

です。

これから、教育現場(学校)の新聞の予算が増えるという報道がありました。日本にはない経済や政治を学ぶ1つの素材としての新聞の役割を面白く楽しく広めていきたいと思っています。

▼「新聞読み方講座」 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1668035853511904/