m030302

新聞の読み方講座のあとに「新聞の購読を決めました」とおっしゃっていただきました。これは大変嬉しいことです。昨日は富山市での新聞読み方講座でした。富山での新聞シェアナンバーワンは「北日本新聞」です。参加した方の9割は「北日本新聞」でした。

私の講座では、紙で新聞を読みます。ウェブの時代ですからデジタル版での新聞の購読者も増えているという記事を見ます。ではなぜ紙なのでしょうか。

私の新聞読み方講座では

  • 新聞を読む
ことをノウハウをお伝えすることは当然ですが、
  • 新聞を脳にインプットする
  • 新聞を脳にアウトプットする
ことにウエイトを置いています。

紙面とおなじウェブ版でも読むことには代わりはないのですが、インプットとアウトプットの訓練には髪のほうが良いのです。慣れればひょっとしてウェブでも良いかもしれません。

私の新聞読み方講座では、紙媒体の新聞を「赤サインペン」を用いて15分読むことを「習慣化」することを目指します。

この15分の習慣化について約2時間程度お話させていただいています。

講座が終わったあとに、

「新聞購読を決めました!」

「今1紙読んでいるのですが、2紙目も購読します。何が良いですか?」

という相談を今回頂きました。人それぞれ合った新聞があると思いますので、どれがベストとは簡単には決められませんが、少しお話を聞いて相談を受けています。

紙媒体の新聞は、大変使い勝手がよく、読んだあとは焚き火に使えます(笑)。

多くの方が新聞を購読したくなるような講座になれば良いなと思い、いつもバージョンアップを繰り返しています。

▼「新聞読み方講座」 Facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/1668035853511904/